週末は森に居ます....

週末は蓼科高原の森に居ます。 八ヶ岳周辺の自然、森での暮らし方、森の生活を楽しくする道具などをご紹介します。

2017年10月

私のもう1つの趣味、韓国ドラマロケ地巡りブログはこちらです、併せてごらんください。 http://jl1suc.doorblog.jp/

4K動画 「紅葉が美しい山田峠」

 渋峠の撮影を終えたら最後の撮影地「山田峠」へ向かいます。渋峠から見えていた雄大な景色に近づいていくので景色を楽しみながらくねくね道を下って行きます。草津白根山のすぐ脇にあるのが山田峠で、ここにも撮影ポイントでもある駐車場があるので安心して撮影出来ますね。こちらの駐車場は比較的空いていたので直ぐに駐車出来ました。早速撮影準備を済ませて出発です。ここは道の両側に撮影ポイントがあるので、機材を持ってわりと広範囲に移動しながら撮りました。昼近くになっているので観光客がとても多く、皆カメラを持って写真を撮りまくっていますね。中には駐車場からドローンを飛ばして上空から雄大な景色を撮っている人もいました。私も、紅葉がとても美しいので夢中になって撮っていたらそろそろメモリーカードの容量と、カメラのバッテリーが残り少なくなってきました。せっかく綺麗な景色を目の前にして撮らずに帰るなんてありえませんので、撮影中にも車内で予備バッテリーを充電をしながら備えておきました。メモリーもサブのカードが有ったので何とかなりそうです。
 山田峠には駐車場が2つあって、1ヶ所を撮り終えたので次の駐車場所へ移動しました。こちらもちょうど出る車がいたのであっさり停めることが出来て直ぐに撮影を再開しました。こちらの紅葉は一段と見事ですね~ 本当にいくら撮っても飽きないくらい素晴らしい景色です。やがてメモリーとバッテリーが無くなり急いで最後の予備に交換しました。今回はいつもより予備を多く持ってきて良かった― 今日は3連休の最終日、早く帰らないと渋滞にハマりそうなので気持ちは焦りますが残りのメモリー分だけは撮りまくって帰ろうと場所を移動しながら更に30分ほど粘りました。そしてとうとう予備も無くなり本当に撮影終了です。たくさんの収穫を持って早く帰らなきゃ!

4K動画 「志賀高原  渋峠からの眺望」

   横手山周辺の撮影を終えて更に先へ進みます。直ぐに渋峠の標識が見えてきましたが思った通りに展望スポットの駐車場は満車状態です。困ったなぁ...と思いながらゆっくり進んでいくと、ちょうど目の前の車が出て行きましたよ、良かった! 早速 車を停めて準備にかかります。やはりここも風が強いですね~ 前回10/1に来た時には時間が遅かったので太陽の位置が良くありませんでした。今回も雄大な景色を広角で撮影しようとするとやはり多少逆光気味になってしまいますね~ 今日は早めに来たつもりですが、やはり日の出のタイミングが一番良さそうなので、来年の秋には挑戦したいと思います。


4K動画 「志賀高原 秋色の横手山」

 平床〜熊の湯の撮影を終えたら更に進んで横手山付近まで移動です。途中で紅葉が綺麗なポイントを見つけても停車する場所が無いのは残念ですね。車が横手山の直下辺りまで来ると眺めのいい絶景ポイントがありました。駐車スペースもあるのでここなら安心ですね。ここにもカメラを持った人たちがたくさんいて刻々と変化して行く美しい景色を撮っていますよ! 撮影準備をしながらその人たちの動きを見ていたらどの辺りに行けば撮りやすいのかがわかってきました。準備を終えたらその場所に向けて走ります。
 斜面を吹き上げて来る風は結構強く三脚をしっかり据えておかないと振れてしまいそうです。山の斜面に朝日が当たって光りと影、黄色や赤、オレンジの紅葉が美しいですね〜 時間的にはもう少し早い時間が良かったようですが、撮影ポイントの多い志賀高原では全てをベストな時間に撮るのは1日では無理ですね。たまにしか来られないので欲張ってあちこち撮り歩きますが、本当は何日かかけてその場所のベストタイムで撮れたら良いなぁ...


4K動画 「志賀高原 紅葉の白樺林 平床~熊の湯」

 10月の3連休 動画撮影旅も最終日になりました。前日は小谷村まで行って美しい紅葉を沢山見ることが出来たので大満足しましたが、最終日も天気は良さそうなので期待が持てますね。長野市の宿で早めに就寝して翌日に備えます。午前1時、スマホのアラームに起こされて準備を開始です。とは言っても顔を洗って車に荷物を積み込んだら準備完了、すぐ出発しました。
 天候は快晴、長野市内でも星が良く見えています。時間的には早すぎるのですが、撮影地に着いてから状況を確認して再度仮眠する方が安心なのです。高速道路を使う楽なルートもありましたが、遠回りなので下道で行くのと時間があまり変わりませんので節約コースを選択して山道へ向かいました。須坂から高山村、山田温泉を経由して進むとどんどん標高が高くなっていきます。途中で狐やタヌキ、天然記念物のニホンカモシカに遭遇したりしながら走るので退屈しませんし、何よりe-Power NOTEの加速が良くてくねくねの山道を走ることが楽しくて仕方ありません! 充電専用エンジンも搭載している電気自動車なのでバッテリーの心配なく走れるのが良いですね。
 さて、真夜中の山岳ドライブを楽しんでいるうちに志賀高原に到着しました。今日はまず白樺の紅葉が進んだ木戸池~白樺林が美しい平床、熊の湯~横手山付近~芳が平~山田峠を撮影して昼には帰京の途につく予定です。まずは木戸池の駐車場へ行き仮眠することにしましょう。ここなら撮影地が目の前にあるし、綺麗なトイレも完備しているので車中泊には最適ですね。撮影目的の車は他にいませんね、早速アラームをセットして薄明時間まで仮眠です。
 車内でゆっくり仮眠を取って体調も良く目覚めました。この頃には数台の車が到着して薄暗い中で準備を始めています。私も行動開始ですね。今回、木戸池での動画は今までに2度ご紹介しているので、一旦パスして先に2つ目の目的地である平床~熊の湯を先にアップすることにしました。木戸池での撮影を終え時刻は6時半です、日の出まであと僅かなので素早く撤収して車で移動です。とは言っても、木戸池から平床までは数百メートル、5分後には撮影準備を終えて徒歩で一帯を撮り歩きます。ちょうど撮影したい方向が陽の出る方向なのでその前に撮影を終えたいと思い気が焦ります。広大な白樺の林は黄色く色付いていますね、国道の路側を歩きながらポイントを探し、撮り歩いてなんとか山からの日の出前に撮影が終了しました。時間を変えて陽が当たっている時も綺麗なのだと思いますが、今日は3連休の最終日ですから早く帰らなければ渋滞にハマることは確実ですね。また来年撮りに来たいと思います。車に戻り、今度は熊の湯辺りまで移動しました。周囲を眺めながら綺麗な紅葉と駐車スペースを探して上って行くと、黄色、赤、緑が綺麗な山を見つけました! ちょうど陽が当たってとても綺麗な状態ですよ。迷わず車を停めて撮影をしました。いや~ 良いタイミングだったみたいです。



4K動画 「小谷村 紅葉が始まった鎌池」

 早朝に戸隠高原 鏡池での撮影を終えて次の目的地へ移動しました。次は鬼無里村を経由して白馬村へ出て、更に先の小谷村まで向かいます。ナビを確認すると2時間近く掛かるみたいですね。アップダウンの多い山道をドライブするのは大変だなぁと思っていましたが、代車で借りている日産e-Power  NOTEはワンペダルで走れる優れもので、軽快に入れるので本当に楽しく走ることが出来ました。電気自動車は初めてだったのですが、こんなに良いものだと思っていませんでした、嬉しい誤算ですね。小谷村まで順調に進み、再び国道から山道へ入ります。戸隠を出発するときは多かった雲はすっかり無くなり久しぶりに快晴になっています。山道をどんどん上って行くと周囲の山々が素晴らしい紅葉になっていますよ! これは期待できますね〜 国道から20分ほどでやっと鎌池駐車場に到着です。
 駐車場は思ったほど混雑していなくて一安心、早速準備して撮影に出発です。池を一周するのに40分ほど掛かるようですが、きっと2〜3倍の時間が掛かるでしょう。事前に調べたところでは紅葉の見頃には1週間ほど早いようですが翌週末は雨の予報になっていますから早めに来た方が良さそうだと判断しました。駐車場から少し歩くと池を周遊する歩道が始まります。左右どちらからまわろうか迷いましたが右コースを選択して撮影開始、確かに紅葉は今一歩という感じですがとても美しいですね。結果的には日差しのあたり具合からすると左コースで回った方が良かったみたいですが、今日は下見だと思って撮影ポイントの確認をして行きたいと思います。それにしても静かで素敵なところですね〜 4K動画を撮り始めたことによって信州には素晴らしい場所がたくさんあるということを改めて感じる1日になりました。結局3時間以上掛かって1週し一旦車に戻って休憩しました。良かった撮影ポイントを思い出しながら食事休憩し、再度出発です。事前に読んだ鎌池の撮影ガイドには時間が許せば午前、午後に2度まわるのが良いと書かれていましたが、光線の向きが変わっているのでまた違った画が撮れて良かったです。これで次回には無駄無く撮影できそうで楽しみです。午後3時頃まで撮影しまだまだ撮りたい気持ちを残して長野の宿に戻るため帰途につきました。来年はこの近くに宿を取った方が良さそうですね。



ギャラリー
  • 4K動画 「蓼科の紅葉」
  • 蓼科の紅葉
  • 蓼科の紅葉
  • 蓼科の紅葉
  • 蓼科の紅葉
  • 蓼科の紅葉
  • 蓼科の紅葉
  • 蓼科の紅葉
  • 蓼科の紅葉
記事検索
カテゴリー
livedoor 天気
  • ライブドアブログ