週末は森に居ます....

週末は蓼科高原の森に居ます。 八ヶ岳周辺の自然、森での暮らし方、森の生活を楽しくする道具などをご紹介します。

私のもう1つの趣味、韓国ドラマロケ地巡りブログはこちらです、併せてごらんください。 http://jl1suc.doorblog.jp/

4K動画 「志賀高原 一沼」

 大好きな信州に紅葉の季節がやってきました。蓼科高原ではまだもう少し先になりそうですが、標高の高い志賀高原ではそろそろ色付き始めているという情報を入手しましたので、いてもたってもいられずにほぼ日帰りで4K動画撮影に行って来ました。先月にも妻と2人で訪れた志賀高原ですが、天気予報とは裏腹に最後には雨までぱらつく天気となり散々な結果で帰ってきました。今回こそは必ず晴天で良い画を撮りたいと思い、いろいろ情報を収集していました。幸い、ありがたいことに地元で活躍するプロの写真家の方からも最新の情報やアドバイスを頂くことが出来ましたよ!
 実は、今までの愛車JUKE1.6GTは先月末でお別れして今月から新車になる筈だったのですが、諸事情により納車がかなり遅れる事になってしまいました。10月は紅葉撮影で毎週末にお出掛け予定が入っているのでどうしようかと思いましたが、幸いディーラーで毎週末に代車を貸してくれるという事になりました。さて、土曜日は天気があまり良く無いようなので所用を済ませて夕方に少しだけ仮眠を取りました。ネイチャーフォトでは早朝の撮影が多いので夜中に移動しておくのが基本ですね。今回は紅葉の人気スポットに行くので早めの到着が吉と考えて21時に東京を出発です。夜間走行はいつもの事なので問題ありませんが、今日は代車で初めて乗る車なので運転に慣れながらなのでちょっと緊張です。所沢から関越自動車道へ入り渋川伊香保インターまで走ります。夜は空いていて良いですね~ そこからは下道で草津温泉を目指します。最初は信号が多かったのですが、しばらくするとほとんど止まることも無く順調に進むことが出来ました。途中、コンビニや道の駅で小休止しながら進むと車内にも硫黄の匂いが漂ってきましたよ。草津温泉の街を抜けたらくねくねの上り坂が延々と続いて視界も開けてきました。白根山が近くなってくると再び硫黄の匂いがしてきます。途中の駐車場で休憩すると、ものすごい星の数! 満天の星空です。気温も3℃という表示が出ています。しばし休憩の後に最後の一走りで群馬県渋峠に到着です。ここが最初の目的地になるのですが、到着してビックリです! 既に駐車場は満車で、路肩にも車が溢れていますよ。一旦空を見つけて路肩駐車出来たものの、車内で一旦今日の予定を練り直しました。他の撮影場所で日の出シーンも撮りたいし、ここは三脚を立てる場所も確保が難しそう、ならば撮影順番を変更しようかと考え、残念ながら車を移動する事にしました。結局2番目の撮影ポイント木戸池まで降りて仮眠する事に決めました。到着してみると、こちらには誰も居なくて周囲を気にすることなく明け方まで仮眠する事が出来ました。
 撮影の順番としては、木戸池~平床~蓮池~一沼~横手山~渋峠~山田峠ということになったのですが、今回ご紹介するのは4番目に行った一沼です。理由としては、とても素敵な場所で紅葉も綺麗で早く編集して見たかったということなのですが、他の場所も順次 編集公開していく予定です。



 動画で見るととても綺麗で素敵な場所なのですが、脇に道路があって観光の車やバイクがひっきりなしに走っているので落ち着いた雰囲気ではなかったのが残念です。しかし! 池や紅葉はとっても素晴らしく、一番じっくりと撮影した場所でした。もう少し紅葉が進んだところで、もう1回撮りに行きたいと思います。

4K動画 「志賀高原 木戸池」

 遅い夏休みの動画2つ目は志賀高原です。以前から行きたいと思っていた志賀高原ですが蓼科からも遠くてなかなか行く機会がありませんでした。しかし、このところのマイブーム4K動画の撮影という理由があればちょっと無理しても行きたくなってしまいますね。明日の天気予報は晴れの言葉を信じて行ってみることにしましょう。
 深夜0時半に起床、前日は20時に就寝したのですがあまりよく眠れないままウトウトとしていました。スマホの目覚ましに起こされて午前1時には出発です。幸い予報通りの快晴で満天の星の中、中央道を順調に北上して行きました。最初の目的地は長野と群馬の境にある渋峠です、まずここで雄大な景色を撮影してから徐々に標高を下げながら志賀の撮影ポイントを巡ろうという計画でした。信州中野インターで高速を降り、後は志賀に向かって山を登って行くだけです。東から昇って来ている冬の星座を眺めながら進んで行きます。ここまでは順調で今日の撮影の期待は高まるばかりです!
 志賀高原に向かってどんどん上って行くと.... あれ? ちょっと霧が出てきたみたいですよ... 進むにつれてますます濃くなって行く霧に戸惑っているうちに走行も気を使うほどの濃霧になってしまいました。こんなはずじゃなかったのに... うわー参ったなぁ。心配していても仕方がないので取り敢えず目的地の渋峠までは行ってみることにしました。午前4時半に到着、霧と風がすごくて視界も10mくらいしかなさそうです。峠にあった外気温計は3度を示していますよ、一旦車外に出てみますがもちろん何にも見えません。まあ日の出までにはまだ1時間くらいあるし、徐々に晴れてくるだろうと期待して一旦は休憩することにしました。しかし、風の音もすごくて寝られるわけもなく取り敢えず撮影ポイントの駐車場まで行ってみることにしました。走ること数分で国道最高地点の碑が建つ駐車場に到着です。ここが絶景のビューポイントだということなので、ここで夜明けを待つことにしました。
 駐車場には同じ目的と思われる車が数台、後からも何台か到着したようですが、相変わらずの風と濃霧で撮影には絶望的な状況です。もうここまで来てしまえば後は晴れることに期待して待つしかありませんね。車内でウトウトしながら過ごすこと1時間半、結局状況は好転することなく周囲が明るくなってきました。もう撮影に一番良い時間は過ぎてしまいました、周囲の車も諦めて1台、また1台と駐車場を出て行きます。私たちもこの場所に見切りをつけて次の目的地へ移動した方が良さそうです。


 元来た道を降り志賀高原まで降りて行くと徐々に風が弱まり霧も薄くなってきました。気持ちを切り替えて二番目に期待していた木戸池へ向かいます。程なくして到着、風もほとんど無く視界も良好ですが空には一面の厚い雲がかかっていて天気予報とは全く違う状況です。やはり山の天気なんですね.... 気を取り直して撮影準備開始です。今回は1ヶ月後の紅葉シーズンに向け撮影ポイントの確認という目的が半分ですからきっと今回の経験も役に立つことでしょう。脇にはホテルがあるのですが、まだ時間が早いのと平日であるため誰もいませんからマイペースで撮影やポイントのチェックが出来ますね。池には住み着いている鴨がいて、まだ寝ていますのでそっと近づきながら動画にも収まってもらいました。今はまだ紅葉が始まっていませんが、条件が揃えば最高の撮影が出来そうな予感がする場所ですね〜 天気は期待外れでがっかりでしたが、1ヶ月後の撮影には相当期待しても良さそうな場所でしたよ! 今から楽しみですね。

薪ストーブのメンテナンス

 このところ4K動画のアップが続いてしまいましたが、今回は遅い夏休み中に家の薪ストーブメンテナンスをやってもらいましたのでその様子をご紹介したいと思います。メンテナンスをお願いしたのはこのストーブ(デンマーク SCAN社製 10GL)を設置してくれたストーブハウスさんです。

[画像:bc869dc1-s.jpg]

 今年は天気が悪いので今までに何度も日程調整をしていながら全部雨でキャンセルになっていました。ストーブのシーズンインの時期ですから、今回こそはせめて降らないで欲しいですね。幸い前日の雨が上がって日も射して来たので今日は大丈夫です!

[画像:4a60a713-s.jpg]

 煙突直下のパネルを外すと上から落ちて来た煤のかけらが少しあるようです。

[画像:e791ebeb-s.jpg]

 この煤の状態を見るとうまく焚けていたか解るそうなので私たちの焚き方が採点されるようでちょっと緊張しますね。

[画像:887c2c18-s.jpg]

 次にストーブの扉は一旦閉められて、今度は屋根に登って煙突を点検するようです。作業を見ていると流石にプロは手際が良いですねー 

[画像:920c771f-s.jpg]

 煙突のトップまで行くために更に脚立を立てて2階の屋根まで登るんですね。身軽だなぁ....

[画像:520d62f5-s.jpg]

 煙突のトップを点検中、台風とかの被害もないようです。

[画像:1e702a82-s.jpg]

 トップを外したら煙突掃除の開始です。ブラシの付いたロッドを上から差し込み、どんどん繋いで延長していきます。
[画像:d26a43af-s.jpg]
 こうして見ると一番上の煙突は随分と煤けていてグレーになっています。
[画像:76192c80-s.jpg]
 ブラシのロッドを全部繋いで最大長さにしたら上下させてお掃除開始です。焚き方が良ければ煙も少なく、煙突内部にタールがこびり付くことも少ないのだそうですが.... 果たして、私たちの焚き方点数はどうでしょう??
[画像:11bb547b-s.jpg]
 煙突内部の掃除は... もう終わり⁈ と思うほどあっけなく終了しました。どうやらそんなに汚れが付いていなかったみたいです。トップの汚れもほとんどないようなので元の位置に戻します。そして、黒色の耐熱塗料をスプレーして塗装の補修が始まりました。

[画像:3693dee2-s.jpg]

 上の方ほど煤けてグレーになっていましたが、さっとスプレーすれば設置当時の綺麗な黒色が蘇ります。最初はムラがあるように見えましたが、乾いてみればとっても綺麗!

[画像:e847dfa8-s.jpg]

 トップが終了し煙突本体も補修塗装中。

[画像:fee8015b-s.jpg]

 塗装が終了したら今度は再び室内に戻って炉内の掃除が始まります。扉を開けると煙突掃除で落ちて来た煤やタールが落ちています。成績を聞くときが来ました、ちょっと緊張して聞いて見ると... 量も煤の具合も良好なようですよ! 4シーズン焚いたと言っても月に数回の週末だけですから、大したことないのでしょうね。まずは一安心です。

[画像:e9df1f94-s.jpg]

 煙突から落ちて来た煤はガラス質でキラキラ黒光りしています。煙突内を煙が上昇中にだんだん冷やされると内側にこびり付いていくんですね。これがひどくなると煙突内で火がついて煙道火災が起きるそうなので怖いですよね。うちは全く問題ないと言われ合格点だったみたいです。

[画像:45956c6a-s.jpg]

 業務用掃除機で内部を掃除中です。

[画像:6a2c776f-s.jpg]

 ストーブの鋳物を保護するための断火プレートを外しながら掃除が進んでいきます。

[画像:13a00a76-s.jpg]

 これが外した状態です。内壁が赤っぽいのは数年前の春先のこと、急に暖かくなった時に煙突内の湿気が水となってストーブ内に流れ、密閉されていた炉内で鋳物表面を錆びさせてしまったからのようです。これは、錆止め剤を塗布して補修してもらいました。

[画像:11417b93-s.jpg]

 今度は扉を外して大きな耐火ガラスを外しています。

[画像:6a452e50-s.jpg]

 6箇所のネジを外したら...

[画像:4fe3fe33-s.jpg]

 強力なガラスクリーナーで汚れを浮かび上がらせます。
image
 これが良いそうです。

[画像:33ffb33d-s.jpg]

 綺麗になったガラスは扉に戻して再びストーブへ取り付けます。

[画像:c0e3dc40-s.jpg]

 再度屋根に上がって補修塗装の確認をして終了です、お疲れ様でした。作業が終わる頃にはデッキの焚き火鉢で作っていた焼きリンゴも焼き上がりましたので、ストーブハウスの方とお茶タイムにしました。さあこれで安心して楽しい冬を過ごせそうですよ!

ギャラリー
  • 4K動画「ヴィラデスト ガーデンファーム & ワイナリー」
  • 4K動画「森のささやき 志賀高原 木戸池 〜 一沼」
  • 4K動画「朝焼けが美しい渋峠」
  • 4K動画「蓼科高原 やすらぎの森」
  • 4K動画「九輪草の咲く森」
  • 4K動画「ツツジ咲く白樺高原」
  • 4K動画「蓼科の空の下」
  • 4K動画「北八ヶ岳  麦草峠 〜 白駒池 」
  • 4K動画「蓼科高原 女の神ハイキング」